私が企業内医務室への転職を成功させた方法 ~産業看護師の求人を探している方へ~

■当ブログ管理人(筆者)のプロフィール
看護学校卒業後、総合病院の混合病棟に就職。その職場で4年間働き、転職を決意。働きながら転職活動を進め、空白期間なしで今の職場へ移りました。

現在は、一般企業の企業内医務室で常勤の産業看護師の仕事に就いています。(私が勤務する会社では「企業内健康管理室」という名称で呼ばれています。)

あまり有名ではない企業ですが、誰もが使っている製品の部品を作っており、業界ではトップのシェアを獲得してる企業です。

自分の力だけで求人を見つけるのは、まず不可能

まず、GoogleのWEB検索で求人を探すところから始めました。しかし、企業のホームページなどに掲載されている実際の求人は、ほとんど見つけることができず、自分が希望する地域に限定すると1つも求人が見つからないという結果になりました。

しかし、その情報収集の中で「産業看護師の求人の8割以上が看護師向け求人サイトの非公開求人になっている」という情報を得ました。

企業の求人が見つかる『看護師向け求人サイト』とは?

看護師向けの求人サイトというのは、看護師版のハローワークのようなもので、無料で利用することができます。扱う求人数の多さと看護師に特化した転職サポートが特徴です。現在、私が把握しているだけでも国内に約30の看護師求人サイトがあります。

それぞれの求人サイトで登録者のみに限定公開している求人が「非公開求人」です。応募が定員を大きく上回ってしまうような人気職種や好条件の案件が非公開求人として扱われています。

産業看護師の求人紹介に強い求人サイトを選ぶのがポイント

看護師求人サイトの中でも産業看護師の求人紹介に強いのが以下の3サイトです。

産業看護師に限らず、看護師の転職支援全体においてもこれらの求人サイトが業界トップの実績を残しており、こういった信頼のおける求人サイトだけに産業看護師の求人が集まる傾向があるようです。

私は、この3つの求人サイトに登録して転職活動を始めました。

そして、結論から言うと「マイナビ看護師」で紹介してもらった産業看護師の求人に応募し、採用をもらうことができました。

各求人サイト特色を知っておけば転職活動もスムーズに!

実際に求人サイトを利用してみると、求人サイトごとの特色に大きな違いを感じました。

以下にそれぞれの求人サイトの特徴などをまとめたので、これから転職活動を始める方は参考にしてみて下さい。

マイナビ看護師

「マイナビ看護師」は大手人材紹介会社マイナビグループが運営しています。さまざまな業種の企業からの知名度が高いため、企業の看護師求人が集まりやすいという特徴があるそうです。

私が実際に利用してみて求人の選択肢が1番多かったのも「マイナビ看護師」です。参考として見せてもらった求人には、都市部以外のエリアの求人も豊富でした。

あと、担当アドバイザーの方が「面接のときにアピールポイントになるので、産業看護系の無料講習会に出ませんか?」「基礎知識を身につけるためにこの書籍をひと通り読んでおくといいですよ」という感じの変わったアドバイスをしてくれたのが印象的でした。

マイナビ看護師【公式サイト】

「マイナビ看護師」のワンポイントメモ
全国どのエリアの看護師さんにもおすすめ!アドバイザーがとにかく親身に相談にのってくれるので、転職に不安がある方でも安心して求人探しができると思います。

ナースではたらこ

「ナースではたらこ」は求人数が多い大規模求人サイトとして有名です。そのほとんどは病院の求人ですが、全体の求人数が多い分、企業の求人も結構充実しています。

有名なアルバイト情報サイト「バイトル」なども運営しているディップ株式会社が運営しているということもあり、大手企業から中小企業まで独自のネットワークを持っているそうです。

そのため、担当アドバイザーの方は企業の内情に詳しく、「この企業は正直言ってブラック」「この企業は未経験者は採用しない」「この企業は福利厚生で〇〇を実施してるからおすすめ」という感じで色々教えてくれるので、応募先選びの参考になりました。

ナースではたらこ【公式サイト】

「ナースではたらこ」のワンポイントメモ
常勤~非常勤まで偏りなく揃っている印象です。常勤の求人が見つかりやすい「マイナビ看護師」と非常勤の求人が見つかりやすい「MCナースネット」を足して2で割ったような感じです。

医療WORKER

「医療WORKER」は非常勤(アルバイトや短期・単発の派遣など)の案件が充実している求人サイトなので、企業看護師の「紹介予定派遣」の求人を目的に登録しました。

紹介予定派遣とは、定めれられた派遣期間終了後の常勤登用を前提とした派遣形態です。常勤登用は雇用側と労働者の双方の同意のもと決定しますが、基本的にこちらが拒否しない限り登用されることになります。

産業看護師の求人には紹介予定派遣のもの多く、常勤雇用に比べると採用のハードルも若干低くなるようです。

「常勤がダメなら紹介予定派遣でもいい」と思っていたので、上記の2サイトの保険として登録しておきました。やはり、紹介予定派遣の求人に限って言えば上記の2サイトよりも数が多かったです。

医療WORKER【公式サイト】

「医療WORKER」のワンポイントメモ
「マイナビ看護師」や「ナースではたらこ」と同時登録がおすすめ。派遣の求人に絞って探したいという方は「医療WORKER」だけでもOKかと思います。

メンタルヘルスにおける役割&必要な知識

景気のよい時には、仕事をすればするほど給料が上がるという時代でしたが、現在ではどんなに頑張っても給料が上がらないだけではなく、ボーナスが支給されないという企業も多くなっています。そのため、仕事中にイライラすることが多くなり、人間関係も悪化してしまうことが多いことから、近年ではストレス社会と言われるようになりました。

人によってはストレスで病気になってしまい、休職してしまう人や、すぐに会社を辞めてしまう人も多くなっていることから、メンタルケアに力を入れる企業も多くなっています。企業看護師の仕事にもメンタルケアが含まれている場合が多く、医務室にメンタルケアを受けにくる社員も近年では多くなっています。

中にはメンタルケアの専門家である保健師を採用しているところもあるぐらいなのですが、メンタルケアは休業者や退職者を少しでも減らすために重要な存在なので、今まで産業看護師を採用していなかった企業であっても、これからは採用していく方針だという企業が増えています。よって看護師資格だけではなく、メンタルケア関連の資格を持っていると、採用してもらいやすくなっているのです。

メンタルケアを行うときに必要となる知識

メンタルケアというのは占い師にも近い仕事なのですが、やはり人によって向いている人と向いていない人が出てしまう仕事でもあります。しかもストレスが最も溜まる場所が会社なので、精神科医並みの知識までは行かなくても、かなり高いレベルの知識が求められる仕事と言えるでしょう。さらに相手に対してわかりやすく伝えて安心感を持ってもらう必要もあるのです。

知識は勉強すれば身に付くのですが、どのように伝えていくべきかというのは経験が必要になりますし、人によって伝わり方も変わってくるので、企業看護師の仕事の中では最も難しいのがメンタルケアだと言えるでしょう。ストレス解消法や自己暗示なども必要になりますが、やはり人によって変わってしまうため、豊富な知識がないと務まりません。

製薬会社(さいたま市)@産業看護師の求人データ

東京を除くと最も多くの新幹線が停車する大宮駅が存在しているさいたま市ですが、さいたま市内にもいろいろな大手企業が存在しているものの、製薬会社も存在しているのです。製薬会社と言えば、治験などで看護師を採用することがあるのですが、もちろん製薬会社内であっても医務室はきちんと存在しています。

よって製薬会社では、治験を行う看護師の求人と、企業内の医務室に勤務する企業看護師の両方の求人を出しているので、どちらの求人で応募するのかをしっかりと決めておく必要があります。もちろん他にも看護師が勤務しているからと言って、企業看護師としての仕事が厳しくなった場合に手伝ってもらえるという期待をしてはいけません。

求人モデルケース

職種:製薬会社
雇用形態:正社員
給与:月給25万円以上(経験や能力により考慮)
勤務時間:8時30分から17時30分
募集人数:1人
応募資格:看護師資格保有者、看護師勤務経験3年以上、パソコンができること
勤務内容:社内に設置されている医務室での勤務、応急処置や健康診断補助、メンタルケアや健康面の管理、指導などを中心に行う

解説

基本的に産業看護師を募集している求人の内容というのは、地域や会社の業種によって変わるものではなく、大体同じような求人になっているのが一般的なのです。ただし、会社によって力を入れている点が多少異なっているだけなのですが、製薬会社も大きく分類すれば製造業となりますし、かなり神経を使う仕事になっていることから、メンタルケアがとても大切になると言えるでしょう。

しかも製薬会社にはいろいろな医療関係者が勤務しているので、産業看護師として勤務するのであれば、当然恥ずかしくないだけの知識が必要になります。他の医療関係者が気分が悪くて医務室に来た場合、正しい応急処置や対応ができないと、すぐ対応の悪さがわかってしまうという難しさもあるので、経験を積んでおくことは当然ですが、あまりブランクも空けるべきではありません。

仕事のやりがいは何ですか?(同業者の皆さんに聞きました!)

先日、産業保健に関するセミナーに参加し、同業者の看護師さんと話しをする機会がありました。その時の「仕事のやりがい」の話しになったので、多かった意見をまとめてみたいと思います。

会社の健康維持へ貢献できる

企業看護師のやりがいと言えば、やはり会社全体の健康を自分が守っている、社員の健康維持へ貢献できるという点でしょう。人によってはどんなに予防をしっかりと行っていても、風邪をひいてしまうこともありますし、持病を持っている人もいます。このような人でも安心して仕事ができる環境を作り出しているのが自分だという自覚をもてることもやりがいに繋がってきます。

一般的な会社員であれば、営業を取ってくることで売り上げに貢献できますし、職人であれば物を作り出すことで売り上げに貢献できるのですが、企業看護師は医務室で仕事をしているので、直接会社の売り上げに貢献できるような仕事ではありません。だからこそ社員の健康を守り、ストレスを解消して仕事をやりやすくするという点で貢献しているのです。

このようなことは他の社員ではできませんし、自分でなければできないという点からも、かなりやりがいを持って仕事ができますし、健康相談やメンタルケアを行うことで、多くの人から感謝されるというのも企業看護師ならではと言えるでしょう。しかも給料が高いので、よりやりがいを感じることができます。

知識と技術を存分に活かせる

医療機関では技術を活かすことができますし、学校の保健室などで勤務する場合には知識を活かすことができるのですが、産業看護師として民間企業の医務室で勤務する場合には、技術と知識の両方を活かすことができるのです。産業看護師は知識を活かせても技術を活かすことはできないのではと考えている人もいるでしょうが、実際には技術も必要になってくるのです。

なぜなら応急処置を行う場合には、時々医療行為を行う場合もありますし、企業内診療所を設けている場合には医師の補助を行うこともあるので、病院などの医療機関と同じような業務も行います。よって産業看護師として勤務する場合には、技術と知識の両方を活かせるという点で、とてもやりがいがあると感じている人も多くなっています。

産業看護の分野未経験からの3年で私が学んだこと

産業看護師としての大変さ

産業看護師は楽というイメージがあることや、給料が高いというイメージを持っていたのですが、実際に産業看護師として医務室で勤務してみると、かなり大変な仕事であることがわかりました。確かに給料はよかったのですが、給料がよいということはその分仕事がきついということでもあったのです。

基本的に民間企業では、仕事がきつくて給料が安いということはあっても、仕事が楽で給料が高いということはありません。少人数で大勢の健康管理やメンタルケアを行う必要もありますし、石鹸やトイレットペーパーの交換から健康診断の補助、さらには健康診断の結果をパソコンに入力する仕事もありますし、異常があった場合には再検査をするように直接本人に伝える仕事もありました。

高齢の社員が多いこともあり、気分が悪いと医務室に来る人もいますし、場合によっては手が足りなくなることもあるのです。もちろん暇になってしまうこともあるのですが、明らかに忙しいときの方が多いと言えるでしょう。よって産業看護師は楽な仕事というイメージはすぐになくなり、かなり大変な仕事であるということを学習しました。

非常に責任重大な仕事

看護師の仕事は当然責任重大なのですが、病院では他の看護師が多数いるので、困った時などは誰かに助けてもらうことができます。しかし、企業看護師として医務室で勤務するときには、他に助けてくれる人はいません。最初は先輩看護師がいたのですが、引き継ぎ作業をしてすぐ辞めてしまったため、全て自分1人で仕事をしていたということもあり、判断を誤れば自分が全責任を負うことになります。

しかも企業看護師の仕事は未経験だったので、初めは不安なことも多くありましたが、3年経ってようやく仕事にも慣れ、責任感も備わってきたため、かなり多くのことを学べました。責任重大なのは応急処置だけではなく、社内の作業環境指導や衛生管理なども同じなので、全ての仕事が責任重大という大変な仕事が企業看護師なのです。

ビジネスマナーの大切さを実感!

来客にもしっかりと対応しないといけない

企業看護師として医務室に勤務する場合、自社の社員が対象となっているのですが、当然会社なのでいろいろな人が訪れます。もし来客が来て、急に具合が悪くなってしまった場合には、当然企業看護師が対応しなければいけません。このような来客に対応する場合には、普段社員を対象に仕事をしているとき以上に注意するべき点があるのです。

それはビジネスマナーなのですが、会社の医務室に勤務しているとは言っても、その会社で雇ってもらっている以上は社員であり、来客は大切な得意先でもあります。よって最低限のビジネスマナーを知っていないと、会社のイメージを損なってしまう場合があるので注意しないといけません。

自分は看護師だから関係ないという対応ではいけませんので、やはり自分も社員であるということを自覚して仕事に取り組むことを忘れてはいけないのです。もちろん来客側も得意先に来ているということを踏まえているので、当然企業看護師には感謝するでしょうし、忙しい中来てくれたのですから、丁寧で心のこもった対応をするのは当然でしょう。

どのような対応をするべきなのか

もし来客が急に体調不良を起こして医務室に来たときは、どのように対応するのがビジネスマナーとしてふさわしいのでしょうか。まずは具合が悪くなっているのですから、どのような状態であるのかを詳しく聞かなければいけません。本人が話せる状態であれば本人から聞きますし、通常は誰かに案内されてくるでしょうから、付き添っている社員に聞く場合もあります。

ここまでは社員と全く変わりありませんが、もし救急車を呼ぶべきであれば、このような状態なので救急車を呼ばれた方がよいですと丁寧に話しましょう。もし休んでいれば大丈夫という場合であれば、相手が緊張しないようにゆっくりと休んでくださいと声をかけるべきでしょう。また、産業看護師と患者が常に顔を合わせていると休みにくいので、衝立などで配慮することも必要になります。

機械部品製造業(静岡市)@産業看護師の求人データ

静岡県はあまり知られてはいないものの、比較的製造業が多くなっている傾向にあります。静岡市と共に政令指定都市になっている浜松市が特に工場が多くなっているのですが、静岡市内も工場は存在しています。もちろん大手企業の工場であれば、企業看護師を採用していることも多くなっているので、求人も出ていることがあります。

求人モデルケース

職種:機械部品製造業
雇用形態:紹介予定派遣
給与:月給22万円から27万円、正社員登用後に見直し
勤務時間:8時から17時
募集人数:1人
応募資格:正看護師資格保有者、経験年齢は不問
勤務内容:企業内にある医務室で患者の応急処置や健康診断の補助、安全指導や衛生管理など多彩な業務がある(医務室は工場現場内に設置)

解説

大きな機械類を取り扱う工場の中には、作業場に医務室が設置されている場合も多くあり、休憩所の隣が医務室ということも珍しくはありません。何故このような工場が存在しているのかというと、万が一ケガをしたときであっても、すぐに医務室へ運ぶことが可能になるからです。もちろん安全指導もしっかりと現場責任者と協力して行っていかなければいけません。

また、機械類を取り扱っている製造業では、現場の衛生環境があまりよくない場合もあるので、このようなときにもきちんと指導を行う必要があります。粉じんが多い場合には、きちんとマスクを着用しているかと言った指導も必要になるので、ある程度現場を知っておく必要もあることから、産業看護師は大変な仕事なのです。

工場の場合には比較的駅前から遠くなっていることもあり、静岡駅の中心部はビルなどが多く、工場はやはり郊外となっていることが多くなっています。また、必ずしも交通の便がよくなっているとは限らないので、静岡市内の工場では車通勤をしている人が多くなっていることから、産業看護師として静岡市内で働く場合には、車通勤を検討しておくべきでしょう。

転職のとき履歴書作成で気をつけたこと

志望動機は必ず自分の言葉でわかりやすく簡潔にまとめる

転職をする時には必ず面接を行いますが、他にも必ず必要になる書類が存在しています。それが履歴書なのですが、近年は書類選考を行って人数を絞ってから面接を行う企業が増えているので、履歴書対策もしっかりと行う必要があります。では、履歴書を作成する上で重要なことは何なのかというと、やはり最も難しい志望動機の欄をきちんと書くことが重要になります。

履歴書にもいろいろと種類があるので、中には書かなくてもよくなる欄も存在しているのですが、どのような履歴書であっても志望動機は必ず書くようになっています。しかも多くの人が迷ってしまいますし、人事担当者が最もよく目を通す欄でもあるので、必ず自分の言葉で書き、間違っても参考にした文章をそのまま丸写しするようなことがないようにしないといけません。

人事担当者であれば、丸写しをすると必ず見破られてしまうので、下手でも自分の言葉に直して書くことが重要です。さらに書くスペースが限られているので、きちんとまとめて簡潔にわかりやすく書くことが大切になります。なぜ医務室で勤務したいのかという内容をきちんと伝えると同時に、ダラダラと長い文章もよくありませんし、短すぎて意味が分からないような文章になってもいけません。

履歴書を書くときの基本をしっかりと守る

志望動機の欄をしっかりと書ければ、後は履歴書を書くときの基本をしっかりと守っていれば問題ありません。履歴書を書くときの基本というのは、黒のボールペンで書くこと、楷書で丁寧な字で書くこと、失敗したら修正ペンで直さず、面倒でも新しい履歴書を使って書くこと、空欄は作らないことが重要です。

ただし、履歴書によっては未成年者のみ書くようにに指定されている欄もあるので、このような欄は空白にして問題ありません。また、資格の欄は空白になる可能性もあるのですが、企業看護師、産業看護師として勤務するのであれば当然看護師資格は持っているので、必ず書くようにしましょう。

危険物取扱業者(千葉市)@産業看護師の求人データ

東京からも近く、交通の便にも恵まれている千葉県の県庁所在地の千葉市にも多数の会社が存在しているのですが、やはり海の近くに色々な工場が密集している地域と言えます。海に面している地域で思い浮かぶような会社と言えば、運送業者が利用する倉庫などが多数設置されているイメージがあるでしょう。

また、ガスタンクなども多数設置されている企業も多くなっているのですが、ガスというのは危険物ですし、以前発生した東日本大震災のときにも、ガスタンクが燃えるという事故が発生したことは記憶に新しいでしょう。このような危険物を取り扱っている企業では、特に企業看護師の存在が重要になっているのです。

求人モデルケース

職種:危険物取扱業者
雇用形態:紹介予定派遣
給与:月給20万円以上、正社員登用後に見直し
勤務時間:8時から17時
募集人数:1人
応募資格:看護師資格保有者、看護師業務経験5年以上(勤務先は問わず)
勤務内容:企業内診療所で患者の応急処置や診断の補助、安全指導や衛生管理などを担当

解説

なぜ千葉市の沿岸部にはこのようなガスを取り扱う企業が多いのかというと、やはり船で簡単に移動できるという利点があるからです。万が一事故が起きたとしても、住宅地が近くになければ、取り返しのつかない事態になる可能性が低いというのも理由の1つと言えるでしょう。当然衛生管理だけではなく、安全指導もきちんと行う必要があるので、現場との連携がとても重要になる業種でもあるのです。

今回例に挙げた紹介予定派遣の場合には、正社員と違って比較的経験が浅い人や、未経験者でも採用している傾向にありますし、のちに正社員として登用することが約束されている雇用形態でもあるので、看護師によってはどうしても産業看護師になりたいということもあり、紹介予定派遣の求人を選んで応募する人もいます。また、一般的な医務室勤務の求人であっても、紹介予定派遣で採用している企業は存在しています。

産業看護師に必要なパソコンスキルの目安

ワードとエクセルの基本操作はできるように

企業看護師は健康管理や健康診断のデータ管理を行うので、多少のパソコンスキルが必要になってきます。では、どれぐらいのパソコンスキルがあれば問題ないのでしょうか。基本となるのはワードとエクセルなので、ワードとエクセルができるレベルで問題ありません。できればパワーポイントもできた方がよいのですが、何でもできるレベルではなく、文字や数字を入力できて、表計算ができるぐらいのレベルで大丈夫です。

ワードやエクセルは本が多数出ていますし、パソコンを購入するときには初めからインストールされているか、付属のCDにソフトが入っているので、簡単にインストールすることができます。もし企業看護師を目指したいと考えているのであれば、転職する前にワードとエクセルを勉強しておくべきでしょう。

本を参考にして何度か使っていれば、簡単に覚えられるレベルですし、通信教育やスクールも開催されているので、どのような方法であっても多少のレベルまでしっかりと勉強しておけば、面接のときには有利になります。また、マイクロソフト関連の資格もあるので、余裕があれば資格を取得しておくとよいでしょう。

タイピングのスキルがあれば言うことなし

ワードとエクセル、できればパワーポイントができるレベルであれば特に産業看護師として働く上では問題ないのですが、医務室では1人で看護師が勤務する場合も多いので、誰かに聞くということが難しくなります。よって自分だけでもある程度こなせるぐらいのスキルがあった方がよいのですが、他にもある程度タイピングができる方がよいでしょう。

タイピングというのは簡単に言えば早打ちのことで、タイピングができるのとできないのとでは仕事の進み具合が全く違ってきます。もちろん必須スキルではありませんので、指でゆっくりと入力するレベルでも問題はないのですが、やはりタイピングをある程度できるようになっていた方が仕事に役立つでしょう。初めはゆっくりでも徐々に慣れてくるので、タイピングができるように頑張ってみるべきです。

私の転職志望動機 ~産業看護師になった理由~

周りにいろいろうるさく言われる職場から脱したかった

私は元々病院で看護師として働いていたのですが、当然病院には多くの看護師が勤務していますし、看護師以外にもいろいろな医療関係者が勤務しています。しかもちょっとしたことで文句を言ってくる人、仕事を押し付ける人もいたので、かなりストレスが溜まってしまいました。そこで自分1人でできる仕事はないのかと考えたところ、やはり企業看護師か、学校の保健室で勤務する看護師が候補となったのです。

しかし、学校の保健室で勤務する場合には、大学や専門学校以外では養護教諭の資格が必要だと知り、企業看護師へ転職することを決めました。経験も10年ほどあるので、企業保健師としては未経験でも採用してもらえる自信はありましたし、パソコンも得意なので、一刻も早く周りからいろいろうるさく言われる職場から去りたかったことが志望動機です。

ただし、面接では当然このような発言はできないので、自分の力で会社に勤務している人の健康を守りたいと答えたのですが、他に希望者がいなかったこともあり、無事に採用となりました。また、現在では医務室に自分1人で勤務していますし、周りには医療関係者がいないので、大変な面もありながら頑張っています。

規則正しい生活がしたかった

病院は残業も夜勤も多く、日勤を行う場合も当然あるので、生活習慣が滅茶苦茶になってしまいました。小さい頃から両親に規則正しい生活をするように言われて育ってきたので、毎日決まった時間に寝て、休日でも決まった時間に起きているという生活をしていたことから、変則勤務は思った以上にきつかったのです。

そこで規則正しい生活ができる上に、しっかりと休日も取れる産業看護師の仕事を選んだのですが、産業看護師の仕事は残業もほとんどなく、休日出勤も夜勤もないので、現在では規則正しい生活に戻ることができました。やはり看護師の仕事をしている以上は、自分の健康を維持できないようでは周りの人に健康指導やメンタルケアは自信を持ってできなくなります。